自分探しの必要性

本当の自分

自分探しの必要性

自分探しというと否定的な見解を示す方もいらっしゃるかと思います。
ただ自分探しの定義というものも、そもそも明確になっておらず
本来すべき事を放置して、自分探し自分探しと叫んでいても、それはあまり意味の為さないものであると思います。

何が大切かというと、生きていれば色々経験をします。
それは喜ばしいこともあれば、悲しい辛いこと、失敗、誤解、賞賛…。
また勉学、スポーツ、人間関係、仕事、恋愛、結婚…。
色々なプロセスを経て、成熟へと向かうわけですが、身の回りに起こることから自分に最適なライフワークバランス。
自分は何を求め、自分にとって必要なもの、人生のテーマは何なのかを探ることであると思います。

やはり自分の人生に起こることは、何かしらの意味があり
それを咀嚼し読み取るものを誤ると、当然その方向に人生が進んでいきます。
また咀嚼する力を磨くことで、同じことが起こったり、焦ること、意気消沈することも
今までとは違う捉え方や乗り越え方がきっとできるはずです。

人生を上手く生きている方は何も起こっていないものではなく
その向き合い方や捉え方、越え方が上手いのだと思います。
ですから何も起こらないような生き方を模索するのも大事かもしれませんが
それよりももっと大切なものは、咀嚼力であると考えております。

ですから何事も高い次元に引き上げようと思うと、探求したり、努力したりということは必須です。
学校では生き方や幸せになる方法は教えてもらえません。
やはり自分の人生は自分で探求するしかないのであり、それが感動や喜びになる瞬間はきっとあろうかと思います。
自分探し自分探しと声高々にする必要はないかと思いますが
起こった出来事に対して、そこから何かを学ぶとる訓練、そこからプラスに転換するノウハウを自身で確立して下さい。

自分探しコンサルタント お問い合わせはこちらから